読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう結婚で大変だったんだから、もうちょっとしっかりしてよね。

20年代の時に婚礼しました。
若かったということもありますが、世間の常識も知らないうちに結婚してしまったせいか 大変だったことが多々あります。
では一般的ですが、両家のつきあいだ。
中毒の違いなどに全く困惑しました。
嫁ぎ職場がふる里だったので、古臭い中毒がたくさんありました。
俺が驚いたのは、結婚して4か月ぐらい経った辺りに、頻繁に
『受胎はまだまだ?』といった聞かれたことです。
一気に子供を授からない嫁は、失格らしいです。
そういうしきたりというか、中毒に困惑しました。

あとは、流石と言えば無論なのですが、基盤の違いだ。
俺は出生も発育もストリート心理なので、農業の経験がありませんでした。
但し嫁ぎ職場は、少々の農業を通じていて、そのヘルプは実にヤバイでした。
農業の経験のない俺は、力の他 荒仕事だった農作業に困難力をしました。

そうして夫婦の系なのですが、男性にはキャリアクセがあり、販売を辞め、また次の仕事に就くまでのタイミングの人生がヤバイでした。
経済的に残余も消え去り、僕が男性のパイまで仕事をし、家計のために動くことになりました。
夫婦の為というよりは、生活していくうえでの販売だったと思います。
そんな中にありながら、オタク期間の男性は、タイミングを持て余し、パチンコに行くことも思い切り。
結婚してからの人生を振り返ってみると、結婚したピークが若過ぎたかなぁという悔恨だ。
ある程度の思い出や見識ができた辺りに結婚していれば 労力(大変だった態度)の種類も違っていたのではないか?と思います。